池袋は西と東で特色や雰囲気が違う

池袋という場所は、駅を挟んで主に東口と西口に分かれています。
細かく分けようと思えばさらに分割できるんですが、際限がなくなってしまいますからね。
とりあえずは2分割で考えた方がわかりやすいでしょう。

池袋のキャバクラは、この東口と西口で、ちょっと色気というか雰囲気が違うんですよ。
雰囲気が違うということは、客層も違うということ。
池袋のキャバクラで働こうと思っているなら、こうしたことを知っておいた方がいいかもしれません。

池袋西口エリアの特徴

まずは西口のキャバクラから。このエリアは、そもそも少し荒れている印象があります。
昔ほどではないですけど、でも今もこの地域というのは少し暗いイメージで、変なお店も非常に多いのが一つの特色となっています。

キャバクラも例外ではありません。
こちらのエリアにあるキャバクラは少しハードルが低いというか、誰でも気軽に入れるお店が多い印象。
よく言えばそうなんですけど、悪く言うと、ちょっとヤンチャな人が多いんですよね、経営者もお客さんも。

だから、普通にキャッチとかいます。
客引き行為はもちろん池袋でも禁止はされていますが、それを平気でやっているのが池袋の西口という地域。

この地域のキャバクラが全部ぼったくりみたいなイメージは持たないでくださいね。
あくまでも、地域全体の特色の話ですから。
キャバクラ嬢の立場に立って言えば、採用される可能性はかなり高いでしょう。
フランクな雰囲気でもOKなお店が多いので、あまりキッチリとした感じのお店が得意ではない、規律の厳しいキャバクラ店では働きたくないと思っている女性にはピッタリかもしれません。

池袋東口エリアの特徴

一方の東口ですが、このエリアはどちらかというとハードルが高いというか、高級店が多くある感じです。
料金も高めなので、客層も比較的落ち着いていてお金を持っている人が多めですね。

中には、お客さんの格好や容姿で入店を断るお店もあります。
まあ、平たく言ってしまえば清潔感がなかったり作業服の人とかは入れないってことですね。
店内もとても綺麗で、ショーなどが充実しているお店も多いのが特徴的。
それだけに規律に厳しいお店もあったりします。

池袋のキャバクラはこんな感じでエリアによって特色や雰囲気が違うんです。
あくまでも東と西に大別した時のお話で、必ずしもこれに当てはまるというわけではないんですけどね。
まずは、お店云々よりも自分に合うと思うエリアを選んでみてはいかがでしょうか。

  初心者は「規律に厳しい・ノルマ・ルールがあるお店」は避けたい